<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
よく頑張った

EPSON R−D1s MINOLTA M−ROKKOR 28mm F2.8
絞り:F8 1/10秒 WB:AUTO ISO:200 −1/2

今週もやっと終了です。
何となく年明けから週4に慣れてしまっているので、
まるまる5営業日ってのはさすがに長いな、って感じがします。

どこかで一日有給休暇を取ってやろうと企んでおりましたが、
ちょっとづつ外せない予定が毎日入ってしまい、結局真面目に会社に通いました…
って、まあ当たり前のことなんですがね(笑)

ひさびさにEPSON R−D1sです。
年末に東北日本海の旅に出たときの在庫カットです。
質感表現とか、こうして見ると、これはこれでなかなかいいですね。

デジカメ画像はどうもアンダー目がお好みのようです。
特に良いレンズを使っての質感表現を強調したい場合には。

よろしければ、こちらクリックをお願いします! → にほんブログ村 写真ブログ
逆光のR−D1s その2
 

EPSON R−D1s MINOLTA M−ROKKOR 28mm F2.8 絞り:F5.6 1/100秒 ISO:200

以前にもEPSON R−D1sの逆光で写し出される画の素晴らしさには触れましたが、
仙台空港ロビーに差し込む夕日も、こんな風にとても雰囲気のある画に仕上げてくれました。
(年末の東北旅行の帰りの時のカットです。)

これ、RAWで撮ってますが、リサイズの調整のみ。

あまりに素晴らしいので、もっと大きい画で見て頂きたいと思い、いろいろ調べたのですが、
結局、大きくUPする方法が分からず、いつも通りのサイズになってしまいました。

何でなんでしょうか。こういう感じ。
EOS 5Dで撮ったらこんな風になったでしょうか?
粘りがいいというか…つまり独特なのです。

よろしければ、こちらクリックをお願いします! → にほんブログ村 写真ブログ
逆光のR−D1s


 
EPSON R−D1s MINOLTA M−ROKKOR 28mm F2.8
絞り:F8 速度 それぞれ  ISO:200

R−D1sはトーンがしっかり出るので、逆光にした時にとても綺麗なグラデーションになります。
レンズ性能もばっちりなので、そのグラデーションは破綻なし。こんなふうに。

1つ1つの色味、それぞれの色の深みまで表現するので、
雲の立体感までもしっかり画にできます。

EPSONの宣伝みたいになっちゃいました。でも、ホントなんですよ、これ。

よろしければ、こちらクリックをお願いします! → にほんブログ村 写真ブログ
眠たい仕事初め2日目



EPSON R−D1s MINOLTA M−ROKKOR 28mm F2.8 絞り:F8 速度それぞれ  ISO:200 

何だか仕事が始まって2日目だと言うのに、ぼや〜っとしてます。
昨日の仕事始めの朝礼では、お偉いさんが新年の抱負とか語らされてた。

さて自分はどんな一年に…

そんな答えも出ないままに、きっと2010年の『日常』が始まっていくのでしょう。
今週もあと2日、頑張るか。

よろしければ、こちらクリックをお願いします! → にほんブログ村 写真ブログ
質感表現

EPSON R−D1s MINOLTA M−ROKKOR 28mm F2.8 絞り:F5.6 1/338秒 ISO:200 

EPSON R−D1s、とってもいい感じです。
狙った場所がちゃんと写らないけど、(←つまりフレーミングが大きくずれる)
出来上がりはこんなふうにコンクリの質感までばっちり写します。

独特の味わいのある一台です。

よろしければ、こちらクリックをお願いします! → にほんブログ村 写真ブログ
漁港 湯の浜にて


 
EPSON R−D1s MINOLTA M−ROKKOR 28mm 絞り:F8 速度それぞれ ISO:200

山形県 酒田のちょっと下辺りに位置する湯の浜港。
加茂水族館という水族館があり、クラゲ展示種類で世界一を誇るとか。
クルマの中で待たせておくには気が引ける同行人は水族館見学をさせつつ、
自分は1人、港町を撮影に。

こうして撮ってみるとこのレンズ、濃厚ではあるものの周辺光量落ちが見られないので
『雰囲気を出す』という点でいくと、個人的にはやや役者不足を感じます。
Zeiss Biogonなら、また違った画になったかもしれないです。
やっぱりZeissが好きなんだな〜、自分。

よろしければ、こちらクリックをお願いします! → にほんブログ村 写真ブログ
ひさびさの東京。

EPSON R−D1s MINOLTA M−ROKKOR 28mm F2.8 絞り:F8 1/125秒 ISO:200 

無事、東北撮影旅行から帰ってひさびさの我が家です。
ヒトがいない部屋ってホント冷えてる。ストーブを付けてもさむいさむい…。

今日はBLOGがご縁でお近づきになれました方々との新年会。
T2の『味わい』について熱く語り合いました(笑)
皆様、今日はありがとうございました!いろいろ勉強になりました!

さて、今日からは年末の東北旅行の中から少しづつUPしていきます。
気になっていた天気も、ちょうど自分が行っていたときは青空もたまに見え、
雪もほとんどないような絶好のコンディションで撮影できました。
冬の日本海は基本的に鉛色でいいのですが、時に見せる太陽がまた幻想的。

風がビュービューで立っているのも辛いような状況での1枚です。
伝わりますかね?日本海のさぶさ&強風が吹き止まない感じ。

よろしければ、こちらクリックをお願いします! → にほんブログ村 写真ブログ
渋谷までのドライブ
 
EPSON R−D1s MINOLTA M−ROKKOR 28mm F2.8
絞り:F2.8 1/15秒 ISO:200

今さら知ったのですが、
渋谷って思っていたよりかなりウチから近くでした。
距離にして10キロとか15キロとかそのくらい。チャリでも行けてしまう。
電車で行くともっと遠くに感じるんですが。
こんな錯覚が起きやすいのが東京の面白さ。

昼過ぎまで出かけるのが億劫でしたが、
ふらふらと1時間ほどスナップして帰ってきました。

何もしていないのに、スペシャルな祝日があっという間に終わってしまいました。
ああ、何たる1日の儚さよ。
まあ、昼前まで寝ていれば、そりゃ短いか。

よろしければ、こちらクリックをお願いします! → にほんブログ村 写真ブログ
R−D1sのファインダー

EPSON R−D1s MINOLTA M−ROKKOR 28mm F2.8  絞り:F4.0 1/125秒 ISO:200

あいまいだとは聞いてましたが、やっぱりこの壁に気付いてしまいました…。
どこからどこまでが写っているのかがよく分からない。
M−ROKKOR 28mmはそんなに周辺光量も落ちないのでトリミングしてもそれほど影響はないですが、
がっつり落ちるレンズを使ったときは、部分的なとりむんぐはやっぱり違和感ありますよね。
ってか、自分的にトリミングは気持ち悪さがある。
個人的には、縦位置にしたときにアスファルト面積が思いのほか多く映り込んでいる事がある。
もう少し慣れと研究が必要。。

R−D1sを使われている方、よい方法はないものでしょうか?

よろしければ、こちらクリックをお願いします! → にほんブログ村 写真ブログ
忘年会 飲み疲れ…

EPSON R−D1s MINOLTA M−ROKKOR 28mm F2.8 絞り:F2.8 1/125秒+0.7  ISO:200

今日は会社の忘年会でした。

最近は、ちまっと少人数で呑むのはいいのですが、
大人数で宴会ってのがどうも苦手です。めんどくさいんです。

何かって言うと一気飲みなんかしてみたり。
大体、今どきの大学生だって一気飲みなんかしないんじゃないか。

疲れ果てました。

よろしければ、こちらクリックをお願いします! → にほんブログ村 写真ブログ

FX初心者の入門講座