<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 解像の上限 | main | 味気ないんだ >>
シャープ過ぎる
FUJI X−M1 XF18mm F2 R
絞り:2.8 速度:AUTO ホワイトバランス:AUTO ISO:800 

なんだかデジタル臭いなあ・・・。
度が強すぎる眼鏡をかけると具合が悪くなるような。。
息苦しさすら感じてしまう、、なんなんだ、このレンズ。
こういうこと言ってるの、俺だけかな。。
フィルム時代にハッセルのDISTAGONとかもかなりシャープだったけど、
心地よいシャープ感だった。
こんなふうにガチガチしていなかった。
何かが違う・・。
買ったばっかなのに文句ばっかのレンズも珍しい(笑)

よろしければ、こちらクリックをお願いします! → にほんブログ村 写真ブログ

最新のデジタル用レンズって、
そういうのばかりです。
カチカチなんです。
新しいレンズはWebとか雑誌のレビューで
べたぼめされてることがよくあるけど、
はっきり言って全然ウソのこともあります。
だまされちゃダメ。
逆光強いよ!とか言ってゴースト出まくったり、
円形絞りだよ!とか言ってちょっと角ばってたり、
まあ、最新レンズには気をつけましょう。
masa | 2013/12/16 01:28
確かに。
シャープさを求め続けてた部分もあるけど、
顕微鏡とかみたいな精度はいらないんですよね。
あくまで画作りなわけで。
もしかしたらフィルム時代のカリカリしないレンズの方が
味わいあっていいかも。
masaki | 2013/12/16 23:37
COMMENT









Trackback URL
http://diaries01.jugem.jp/trackback/693
TRACKBACK

FX初心者の入門講座